WOOCディズニーイベント&グッズ情報ブログ

Read Article
”ダッフィーやシェリーメイなどディズニーグッズの買取について'
irai-form
※当店では新品転売は一切行っておりません。記事内のパークでのグッズの購入は、スタッフの個人の購入の際のレポートです。
当店はスタッフ各自の1ディズニーファンとしてのスタンスを大切にしております。

ダッフィー・シェリーメイのぬいぐるみの買取なら【GOODS買取ネット】へ!

ダッフィー・シェリーメイ(ディズニ―ベア)のぬいぐるみや雑貨などの買取しております!

nayamibase2

こんなダッフィーやシェリーメイのぬいぐるみの買取をしています♪

  • 2006年~08年くらいTDSで販売されたディズニ―ベア(テディ―ベア)扱いのダッフィー。
  • ダッフィーのぬいぐるみやぬいぐるみバッジ。
  • スィートダッフィーのバッグやその他の雑貨なども買取ります。
  • シェリーメイのぬいぐるみやぬいぐるみバッジ。
  • ダッフィー・シェリーメイのコスチューム(公式のみ)。

その他、ノートやペンなどのステーショナリーグッズ、
ストラップ、腕時計、ネックレス、ポーチ、フォトアルバム
なども買取しておりますので、お気軽にご連絡お願いします。

flow1
irai

ミッキーなどの定番キャラクターの歴史は古いのですが、
ダッフィーは実は新しいキャラクターです。

ウィキペディアよりダッフィーの歴史の抜粋と要約

・ダッフィーはディズニーベアと言われていた
TDS登場以前よりカリフォルニアのディズニーランドなどで、
ディズニーベア (Disney Bear) という名前で展開されたことがあり、
TDS登場当初もこの名前だった。
このため、現在でも
「ディズニーベアのダッフィー」(Duffy The Disney Bear)と
紹介されることがある。

・誕生の際のディズニーベアの由来はこう説明されている。
1:ミッキーマウスには、お気に入りのテディベアのぬいぐるみがあった。
2:ミッキーは、このテディベアといっしょに歩けたらどんなに楽しいだろうと思った。
3:そこへティンカー・ベルが現れ、妖精の粉をテディベアにふりかけた。
4:すると妖精の粉の魔力でテディベアが動きだした。
5:ミッキーは嬉しくて、テディベアを抱きしめた。
6:テディベアの顔がミッキーマークになった。

ディズニ―ベア(ダッフィー)2006年ころの初期のディズニ―ベアのダッフィー

・2005年(平成17年)クリスマス後、
新しい商品が発売された際に、以下のような新たな設定が発表された。

1:ミニーマウスがミッキーマウスにプレゼントしたテディベアである。
2:ダッフルバッグに入れてプレゼントされたため、“ダッフィー”と命名された。
3:ダッフィーと名付けられたぬいぐるみは、ミッキーのお気に入りである。

・2008年の人気の急騰

2008年(平成20年)の東京ディズニーリゾート25周年企画により
知名度が上がり、2008年(平成20年)11月以降、
ダッフィーのぬいぐるみをTDL、TDSパーク内で持ち歩く若い女性が急増した。
一番人気のぬいぐるみが常時品切れ、品薄状態になっているほか、
2009年(平成21年)3月期の関連商品売り上げは前期比3倍程度に急拡大した。
2009年(平成21年)ハロウィンやクリスマスの期間には、
等身大ダッフィーとの写真撮影に4時間待ちの行列もできるほどであった。

・シェリーメイの登場は2010年

シェリーメイ (ShellieMay) は、ダッフィーのお友達。
2010年(平成22年)1月15日に発表された。
ダッフィーと同じく、ミニーマウスが製作した
熊のぬいぐるみという設定になっている。
ダッフィーとの違いは、毛の色、目の色、ミッキーのマークの色、
睫毛の有無、アクセサリーの有無など。
ダッフィーと異なり、こちらはTDS完全オリジナルである。

ダッフィーのバッググランドストーリーも登場の時からすると、
少しづつ変化していたり、シェリーメイは2010年に登場と、
ほんとに最近のことだったりと、意外な事がおおいダッフィーとシェリーメイ。
人気もすごいですが、このような人気キャラクターに、
こんな短期間でなっていったことにも驚いてしまいますね♪

そんなダッフィー・シェリーメイ、そしてディズニ―ベアの
買取をしておりますので、お気軽にご連絡ご相談お願いたします。

お持ちの方はお気軽にご連絡ご相談お願いいたします。
top-form-img

-その他の買取についての記事はこちら-
[catlist id=29 numberposts=150]

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント