WOOCディズニーイベント&グッズ情報ブログ

Read Article
”ダッフィーやシェリーメイなどディズニーグッズの買取について'
irai-form
※当店では新品転売は一切行っておりません。記事内のパークでのグッズの購入は、スタッフの個人の購入の際のレポートです。
当店はスタッフ各自の1ディズニーファンとしてのスタンスを大切にしております。

ディズニー・ピクサーのインサイド・ヘッドを鑑賞してきました♪

誰の人の頭の中にもある5つの感情、「ヨロコビ」、「カナシミ」、「イカリ」、「ムカムカ」、「ビビリ」。それぞれに役割を持っていますが、「カナシミ」の役割とはなんなのでしょう…?
この映画の主人公は、11歳の女の子、ライリー。ライリーをずっと笑顔で幸せにしたい「ヨロコビ」は、いつも彼女を悲しくさせてしまう「カナシミ」の存在がなかなか受け入れられません。しかし、大切な思い出が無くなりそうな危機の中で、「カナシミ」が存在する理由を知っていきます。
そして、引越しによって心が不安定になったライリーも、感情の揺れ動きの中で大切なものを再発見し、成長していきます。

『これは、あなたの物語』
IMG_2103
IMG_2102

普段は字幕で観る方が好きなんですが、今回は予告の段階で竹内結子さんや大竹しのぶさんの声がハマっていたので、吹き替えで観てきました。
佐藤二朗さん(ビンボン役)がまた良い味を出していました(笑)。

誰もが必ずぶつかる子ども時代の感情の揺れを、コミカルに描いていてクスクス笑ってしまいました。
どの画面もよく動くので、吹き替えで正解でした。字幕だとしんどかったかもしれません。

対象年齢は思っていたよりも高めです。小学校低学年の子には少し難しいかも…。
反抗期に差し掛かったお子さんに観てほしいなと思いました。そして、大人になってからもう一度観て欲しいです。きっと、伝わって来るメッセージが違うはず。
私も純粋な少女の頃に、この作品を見たかったです(笑)。

おまけのように様々な人々(+@)の頭の中も描かれていて、最後まで目を話せません♪

同時上映短編の『南の島のラブソング』も、ディズニーらしいミュージカル+ピクサーの映像の美麗さ+ストーリーの魅力で、とても満足いく作品でした! 本編が始まる前にひと泣きしてしまいました(笑)。

こちらもオススメです~。
この夏休み、ぜひご家族で見に行ってください♪

Facebookでコメント