Read Article



LINE査定申し込み・お問い合わせ
※当店では新品転売は一切行っておりません。記事内のパークでのグッズの購入は、スタッフの個人の購入の際のレポートです。
当店はスタッフ各自の1ディズニーファンとしてのスタンスを大切にしております。

「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」2022開催!歴代イベ情報も♪

通常版より恐怖度がアップした「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」が、2022年に帰ってきます!
今回は、2022年版の情報や、歴代のタワー・オブ・テラー関連イベントの情報などをまとめてご紹介します♪

「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」2022

東京ディズニーシーのアトラクション「タワー・オブ・テラー」が2022年1月6日(木)~3月30日(水)の期間限定で、「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」となって登場。
通常とは異なる落下パターンでより一層スリルが増したスペシャルバージョンを体験しよう!
アトラクション体験中のライドショットは実施しません。

引用元:【公式】今年はみんなで東京ディズニーリゾートを楽しもう! | 東京ディズニーリゾート

2022年の「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」は、1月6日(木)から3月30日(水)までの期間限定です。
2020年以来の復活ということで、期待が高まりますね!
通常とは落下パターンが異なり、スリルがアップしています。

「タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”」開催に合わせ、学生向けのパークの楽しみ方のページが公式サイトに掲載されています。
ボリューム満点のメニュー特集や、おそろコーデにおすすめなグッズ情報など充実のラインナップ!
インパを検討中の方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

タワー・オブ・テラーの歴史

タワー・オブ・テラーは、東京ディズニーシーの開園5周年当日である2006年9月4日にオープンしました。
海外パークにある「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」とよく似ていますが、ストーリーは東京ディズニーシーオリジナルのものとなっています。
演出も異なっており、海外パークのものと乗り比べてみるのもおすすめです。

強い浮遊感が味わえるフリーフォール型のアトラクションで、国内パーク最恐クラスのスリルとなっています。
通常時でもかなりスリルがあるのに、1月から3月のイベント期間中はさらにスリルがアップ。
絶叫系が大好きな方も満足できること間違いなしです。

2012~2014 「タワー・オブ・テラー:Level 13」

近年は定番となっている特別バージョンが初めて開催されたのは2012年です。
学生向けのキャンパスデーパスポート期間に合わせての開催でした。
落下回数が4回に増え、動きが不規則に。
一部演出も変更されており、通常バージョンよりも強いスリルを感じられました。

2015~2018 「タワー・オブ・テラー:Level 13 “シャドウ・オブ・シリキ”」

2015年からは、「タワー・オブ・テラー:Level 13 “シャドウ・オブ・シリキ”」がスタート。
落下回数がなんと7回に増え、恐怖度がさらにアップ!
演出も一部変更され、視覚面からの恐怖も高まっています。

2019年~ 「タワー・オブ・テラー “アンリミテッド”」

2019年からは、「タワー・オブ・テラー “アンリミテッド”」に。
「Level 13」「“シャドウ・オブ・シリキ”」などの落下パターンがランダムで楽しめます。
エレベーターシャフトA、B、Cどれにあたるかによって内容が変わるので、複数回乗るのもおすすめ。

「タワー・オブ・テラー」映画化計画も進行中!

「タワー・オブ・テラー」の映画化計画が進行中であるというニュースが、2021年6月に報じられています。
アトラクションの世界観を大スクリーンで楽しめるというのは、ファンにはたまりませんね!
今後の続報に期待です♪