Read Article


※当店では新品転売は一切行っておりません。記事内のパークでのグッズの購入は、スタッフの個人の購入の際のレポートです。
当店はスタッフ各自の1ディズニーファンとしてのスタンスを大切にしております。

ダッフィーの素材の変化について



GOODS買取ネットのウェブスタッフがお送りする、ダッフィーにまつわる記事です♪



出典:Tokyo Disney RESORT


ダッフィーが大好きで、ダッフィーを実際に持っているという方も
少なくないと思います。
柔らかくて、抱き心地がよくて、本当に可愛いですよね♪

そんなダッフィーの素材が、発売当初から変わっていることは知っていましたか?
実は私も知らなかったんです!
そこで、今回はダッフィーの素材の変化についてまとめたいと思います♪



まずはダッフィーのぬいぐるみの中身ですが、
2005年ごろ〜2006年ごろまでは、おしりや足の部分にビーズが入っていたようです。
一人で安定して座れるようにという配慮からビーズが入っていたようですが、
触り心地に納得がいかなかったのか、現在は綿のみが入っています。
そのおかげで、現在はとてもふわふわとした柔らかいぬいぐるみとなっています。



出典:Tokyo Disney RESORT


また、毛の部分も
初期は現在の毛と比べて少し長く、もじゃっとしたような
おそらく毛足の長いふわふわなカーペットを触ったような感じ。。。?
というような毛質です。
Mサイズのダッフィーは現在もこの毛質のようですね。

その後は毛が短くなり、以前よりももふもふ感が増した
キラキラ光るようなナイロンの素材になったようです。

出典:Tokyo Disney RESORT


それから硬い毛になったり、毛の具合がチェック模様に見えたりなどの
試行錯誤を繰り返し、現在のダッフィーになりました。



私はもふもふしたダッフィーが好きですが、
中にはしっかりしたビーズが入ったダッフィーが好きという方もいらっしゃいます。

共通して言えることは、どのダッフィーも可愛いですよね♪


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)