Read Article


※当店では新品転売は一切行っておりません。記事内のパークでのグッズの購入は、スタッフの個人の購入の際のレポートです。
当店はスタッフ各自の1ディズニーファンとしてのスタンスを大切にしております。

ディズニーランド:ウエスタンリバー鉄道関連グッズのご紹介。ウエスタンリバー鉄道のグッズの買取も行っております。お土産にお勧めなトミカやナノブロック、鉄道模型、ピンバッジなど特徴あるグッズ展開です。

ディズニーランドでも人気の高いウエスタンリバー鉄道。こちらをモチーフにしたグッズも多数発売されております。
また鉄道ということもありまして、乗り物にまつわるいろいろな玩具やフィギュア関連のメーカーさんからグッズが発売されておりますね。

まずは、ウエスタンリバー鉄道の概要から解説させていただきます。

画像引用:ウエスタンリバー鉄道の公式ページ

ウエスタンリバー鉄道概要

ウエスタンリバー鉄道(ウエスタンリバーてつどう、英称:Western River Railroad、略称:WRRR、W.R.R.R.)とは東京ディズニーランドにあるアトラクションです。乗車口はアドベンチャーランドにあり、1階部分がジャングルクルーズ、2階部分がウェスタンリバー鉄道の乗り場です。クリッターカントリー、ウエスタンランドを通過して運行されています。
アトラクションの所要時間は11分程度で、気持ちのいい電車の旅が味わえます。比較的大きな座席で、身長などの利用制限もないため、小さな子供連れでも楽しめるアトラクションですね。

ウエスタンリバー鉄道のスポンサーは?

ウェスタンリバー鉄道のオープンは1983年4月15日 (東京ディズニーランドと同時にオープン)で、スポンサーはさすがというべきかタカラトミーです。
現在は会社がタカラトミーとなっておりますが、最初にスポンサーになったときはタカラの時代でした。また2006年頃に一度スポンサーからは撤退しています。
その後、再度タカラトミーとしてスポンサー契約を再契約したようです。

ウエスタンリバー鉄道の場所と動力について

ウエスタンリバー鉄道の乗車駅はTDLの東側にあります。
まず、アドベンチャーランドを出発し、クリッターカントリー、ウエスタンランドを経由してアドベンチャーランドへ戻ってくる蒸気機関車なのですが、
実は、電気で動いているのではなく、本当に蒸気で駆動しております。TDSの「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」とは違い、
アトラクションとしての鉄道であり、移動手段ではないということも特徴ですね。

ウエスタンリバー鉄道の車両の名前は?

蒸気機関車は4両あり、それぞれ「ミシシッピ号」、「リオ・グランデ号」、「ミズーリ号」、「コロラド号」と、
アメリカ合衆国を流れる河の名前がつけられています。もともと、1983年4月15日に東京ディズニーランドと同時にオープンした際は「ミズーリ号」、「リオ・グランデ号」、「コロラド号」の3つだったが、輸送力増強を目的として、1991年10月から「ミシシッピ号」が加わっています。

ウエスタンリバー鉄道の車両の見分け方

ウエスタンリバー鉄道の車体は、色や番号で見分けることができます。
コロラド号は赤色で、車体番号は53です。
ミズーリ号は緑色で、車体番号は28。ヘッドライトに滝の絵が描かれているのが特徴です。
リオ・グランデ号はオレンジ色で、車体番号は25です。ヘッドライトにグリズリーが描かれています。
ミシシッピ号は青色で、車体番号は20です。ヘッドライトにバッファローが描かれています。1991年運航開始の新しい車両で、デザインがほかのものと少し異なっています。

ジャングルクルーズとウエスタンリバー鉄道は同じ会社が運営しているという設定!

ウエスタンリバー鉄道とジャングルクルーズは、乗り場が同じ建物にあります。
なぜかというと、この2つのアトラクションは、「サファリ・トレーディング・カンパニー」という会社が運営しているという設定だからです。
「サファリ・トレーディング・カンパニー」という名前のショップも以前はありましたが、2015年にクローズしてジャングルカーニバルにリニューアルされています。
以前はここでサファリをイメージしたグッズや、アフリカの民芸品などが販売されていました。

ウエスタンリバー鉄道の待ち時間は?

比較的大量の人数がのれるアトラクションということもあり、待ち時間的には平日だとあまりないことが個人的には多い気がします。
運行も5分おきということで、休日はジャングルクルーズも併せて結構な混雑があることも多いですが、平日は比較的すぐに楽しめます。
家族連れでおすすめできるアトラクションですね。

ウエスタンリバー鉄道のアナウンスの声は?

アナウンスの声も特徴というか、気持ちがいい印象のウエスタンリバー鉄道。
開園から1999年までは村山明さんが担当しており、以降は青野武さんが担当しています。

ウエスタンリバー鉄道の駅は1つ?2つ?3つ?

乗降できる駅は1つだが、それとは別に通過するのみ(風景の一つとして)の駅が存在しています。それは「スティルウォーター・ジャンクション」という名で、出発してしばらくすると右手に見えてきます。乗降できない駅ではありますが、駅の内部まで細かく作られています。ほかにも、ウエスタンランドにも風景としての駅がひとつあり、名前は「ダスティベンド・デポッド」といい、ビッグサンダーマウンテンに差し掛かると見えてきます。

ウエスタンリバー鉄道のグッズのご紹介

TDLの人気アトラクションで、ランド開業からある歴史ある乗り物ですので、今までにいろいろなグッズが発売されております。
今回は比較的に人気がある、中古でも価値があるもの、そしてピンバッジの様な定番のものなどをご紹介します。
知育的な玩具・おもちゃもあるようですね。

Nゲージ 東京ディズニーウエスタンリバーレールロードセット

こちらは、ほんとに貴重なNゲージのウエスタンリバー鉄道の模型セットです。
汽車の部分もそうですが、線路もしっかりセットになっております。すごく貴重なものです。
買取ご依頼いただけますと非常にテンションが上がる商品ですね!

トミカ 東京ディズニーランド ウエスタンリバー鉄道 4種

やはり鉄道のアトラクションということもあり、そして、スポンサーがタカラトミーということで、
トミカのグッズも欠かせませんね。こちらは、当時もので現在は販売されていないグッズ。
ダイカストモデルというとで、非常にリアルな模型となっております。

プラレール ウエスタンリバー鉄道 TDL限定 プレイセット

こちらは、タカラトミーのトミカともう1つのメイングッズ、プラレールのプレイセットです。
TDL限定品ということで、希少価値も高めですね。

このほかのTDRの乗り物系の例えば、モノレールであるとか、そういったものも限定プラレールとなっており、
おもろしいですね。

このほか、やはり乗り物アトラクションということで、
チョロQであったり、トミカやそういったグッズになっていることが多いですが、
ちょっと珍しいグッズもあったりします。

つみっきー ディズニー ウエスタンリバー鉄道 木製

ウエスタンリバー鉄道 懐中時計

ディズニー 限定 ナノブロック  ウエスタンリバー鉄道

ウッドクラフト ディズニー ウエスタンリバー鉄道

TDL東京ディズニーランド ウエスタンリバー鉄道 ピンバッジ

ディズニー チョロQ スティッチ ウエスタンリバー鉄道

ウエスタンリバー鉄道 ポストカード

やはり鉄道ということもあり、その特徴を生かしたグッズ展開が多いんですが、
例えば、ピンバッジやステーショナリーといった、モチーフの定番系のグッズには比較的価値が付きやすいように思います。
またツミッキーのような鉄道のおもちゃも子供がすごく喜んで遊んでくれそうです。

ウエスタンリバー鉄道 プラレール プレイセット トイ・ストーリー

トイ・ストーリーラッピングが施された、ウエスタンリバー鉄道のプラレールセットです。
ウエスタンリバー鉄道のファンにとっても、トイ・ストーリーのファンにとってもたまらないアイテムですね。
スリンキー・ドッグのトンネルもついており、トイ・ストーリーの世界観を感じられます。

ウエスタンリバー鉄道 トミカ 2012スペシャルエディション

2012年に販売された、特別バージョンのウエスタンリバー鉄道です。
迷彩柄のペイントが施され、通常バージョンとはまた違ったかっこよさです!
パッケージデザインもクールですね。
ウエスタンリバー鉄道のトミカは種類豊富ですので、集めて飾るとより楽しくなります!

ウエスタンリバー鉄道のおすすめお土産は?

現在TDRで販売されているものとしては、ナノブロックやトミカ、ポストカードがお土産の定番となるかと思います。
またトミカはTDR限定の他のキャラクターコラボのグッズもあったりしますので、自分用にコレクトするのもありかもしれませんね。

ウエスタンリバー鉄道 隠れミッキーはどこに?

ウエスタンリバー鉄道のある駅には隠れミッキーがいるということですが、結構難易度が高いため、混雑時には見つけることが難しいかもしれません。
また個人的には子供連れの時には時間がないので、なかなか探せないのですが、木箱が並んでいるところのある個所にミッキーが隠れているとかいないとか。。。

・・・という感じで、ウエスタンリバー鉄道の概要から待ち時間、かんたんな歴史にグッズ紹介などを行ってきました。
家族で訪れることの多いアトラクションで、歴史も古いため、多くのゲストの方々の想い出の1ページになっているに違いないウエスタンリバー鉄道。
記事を書きながら、また乗りに行きたいなと、思っています。
こちらの記事は公式ページにも掲載されております、紹介動画で締めくくりたいと思います。
ご精読ありがとうございました。

↓ウエスタンリバー鉄道のグッズの買取ご依頼はこちらから↓

弊社への送料・梱包材・振込手数料いずれも【完全無料】個別査定結果も確認可能!ディズニーグッズを丁寧・高額買取実施中!

記事作成日:2018年2月11日
記事更新日:2019年7月11日